心のブロックを外して楽になる方法。

心のブロックを外す【自分を繋ぎ止めているメンタルブロックの解放】

心のブロックを外すとセルフイメージが変わる

 

何かを達成しようとする時、心にブロックがあると多くの場合、達成が困難になってしまいます。

 

 

 

自分を繋ぎ止めてしまう心のブロックが、どこから来ているかというと、インナーチャイルドや過去のトラウマなどで、物事は「こうあるべき」だという思い込みが原因となっています。

 

心のブロック

 

人から「良くやったね!」と褒められた時、「そんな事ないですよ。僕なんてマダマダです。」と謙遜した経験はないでしょうか?

 

 

 

 

言葉にして、いつも繰り返していると潜在意識は、「僕なんてマダマダです」を受け取ります。

 

 

 

 

自分では、そう思っていなくても、言葉にすることで潜在意識に刷り込まれ、セルフイメージに影響を与えます。

 

 

 

 

自分の発した言葉を一番数多く聞いているのは自分ですから、自分の価値を下げてしまうような言葉は使わない方がいいと思います。

 

 

 

 

社会に合わせて生きていく上で、謙遜も必要なのかも知れませんが「ありがとうございます。

 

 

 

 

褒めてもらうと嬉しいです」と言って、素直に受け取ってもいいのではないでしょうか?

 

 

 

 

謙遜は「心が美しい人だと他人から評価される」と子供の頃に、どこかで覚えたのかもしれません。

 

 

 

 

本当の自分を隠して、他人に見せるために用意した違う自分を演じているうちに、それが本当の自分だと思い込んでしまいます。

 

 

赤ちゃんは、心のブロックを持たずに生まれます。

 

成長する過程の様々な場面で、「こうあるべき」という観念を自分に刷り込んでいきます。

 

 

 

 

心のブロックは、後から自分で作ったものなので、外すことも自分できます。

 

 

壁

 

 

無理かも?自分にはできるはずない。ダメかも。という心のブロックを持った状態のまま、新しい事を始めても、自分で困難な状況を創りだしてしまい、それを見て、「やっぱり無理なんだ」と思ってしまいます。

 

 

 

 

心のブロックを持ったままだと、どんなに知識などを詰め込み、テクニックを磨いても、自分で自分にブレーキをかけているので上手くいかないのです。

 

 

 

 

「自分ができるはずがない」「絶対無理」など、自分にかけている制限を外すと、現実がすんなりと好転するようになります。

 

 

 

 

一見すると、運気が上昇したようにに感じますが、運気が上がった下がったではなく、ブレーキが外れすんなり前進できるようになったということです。

 

 

 

 

心のブロックを外すことは、過去のトラウマや傷ついたインナーチャイルドを癒し、心の中を空っぽにして「こうあるべき」といった自分に制限をかけてきた観念を手放すことです。

 

 

 

 

炭酸飲料を思い切り振って、外に飛び出したいのに栓があるので飛び出せない状態を想い浮かべてみてください。

 

 

炭酸飲料

 

 

栓を開けた瞬間、炭酸飲料が外に飛び出すのと同じように、心のブロックが外れると心がカラッポになりスッキリします。

 

 

 

 

自分の価値を下げてしまう行動をしないこと。

 

変化を素直に受け取ること。

 

 

 

とても大切です。

 

 

 

無意識に、無理かも?と思ったり、つい言葉にしてしまった時は「今のはキャンセルします!」と宣言してください。

 

 

 

無理と思ったままにしないで「キャンセル」です。

 

 

 

 

キャンセルするときのポーズを決めておくと、忘れなくなるのでお勧めです。

 

 

 

 

両手を交差させて×を作るとか、自分の口に手を当ててみるとか、自分に一番しっくりするポーズでやってみてください。

 

 

ポーズ

 

 

キャンセルした後「大丈夫、大丈夫」と宣言する。

 

 

 

とても大切ですし、やらないと何も変わらないと言ってもいいくらいのテクニックです。

 

 

 

 

バカらしいと思うかもしれないですが、そのままにしておくと、無理という想いがキャンセルされないままになります。

 

 

 

 

毎日、いつも考えていることが現実化されると言われていますので、自分には無理かも?などといった制限は外した方が楽だと思いませんか?

すぐに他人から好かれる人嫌われる人

ホーム RSS購読 サイトマップ
サブリミナルCD マインドセット セルフイメージ インナーチャイルド 運営者情報