全ては自分の責任で生きると現実が変わる

全ては自分の責任【悲劇のヒロインを止めると現実が変わる】

自分に起こる現実は、すべて自分に責任がある

 

今の現実が思い通りになっていないと感じていて、その原因は自分ではなく、自分以外にあると思い込んでいませんか?

 

 

 

人のせい、親のせい、友達のせい、上司のせいなど、すべてを周りにせいにしていると、事態は良くなることはないと薄々気づいていませんか?

 

全ては自分の責任

 

 

「自分に起こる現実は、すべて自分に責任がある」と受け入れた時、現実が変わります。

 

 

 

時間はかからないです。

 

一瞬で変えられます。

 

 

 

ウソだと思ったら、自分以外のせいにしないで、「全ては自分の責任」だという想いに変えてみてください。

 

 

責任

 

 

周りを変えようと必死になっても変えられなかった現実が全ては自分の責任という想いに変えると周りが変わります。

 

 

 

 

「子供の頃、両親からほったらかしにされ良い学校にも入れず、いい職場にも恵まれていないのは親のせいだ!」と想い続け、生きてきたかもしれません。

 

 

 

想った分、その想いに支配されてしまいます。

 

 

 

両親の育て方が影響しているとしか思えないかも知れないですが、実は深い部分で、それを体験するために自分で選んでいます。

 

 

 

その体験から、悲劇のヒロインを演じ続けるのか、全ては自分の責任と捉え、変えていくのか選ぶことができます。

 

 

選択

 

 

 

健康にも気を配り、病気になりたくないと思いながら病気になる人がいます。

 

 

 

顕在意識では、病気になりたくないのです。

 

 

 

しかし、子供の頃、病気になると母親から優しくされた経験や、皆が気にかけてくれた体験が強く潜在意識に残っていると、病気になる事が得たい欲になってしまいます。

 

 

病気

 

 

「なんで、よりによって自分がこんな病気に!」と叫びたくなるかもしれませんが、病気になったのは、誰のせいでもなく、自分が引き寄せたのです。

 

 

 

顕在意識では望んでいるのに、潜在意識では望んでいないこともよくあります。

 

 

 

親のせい、友達のせい、上司のせい、不況のせい自分の思い通りにいかないことを、すべて周りのせいにすると、自分が慰められるかもしれません。

 

 

 

でも、自分以外のせいにしていると、人のせいにしたくなるような現実が次々に起こります。

 

 

 

そして、自分はなんて不幸なんだと悲劇のヒロインを演じ続けてしまいます。

 

 

 

今の生活も、病気も人間関係も、全ては自分の責任だと認めて、どうやったらこの状況を変えることができるのかに意識を集中させることが大切です。

 

 

 

「あの時に、こうすれば良かったのに」と後悔することがあります。

 

 

 

特に、自分にとって重要だと思っていた場面で上手くいかなかった時は、何度もその場面を思い浮かべては後悔しますが、後悔を繰り返しても事態は何も変わりません。

 

 

 

後悔して、へこんで、文句を言って良い方向に変わるのならいいのですが、ストレスも溜まるし自分を傷つけるだけではないでしょうか?

 

 

 

上手くいかなかった場面に意識を集中させても、何も変わりませんが、「次は、どうやったら上手くいくのか」に意識を集中させると上手くいく方法が必ず見つかります。

 

 

 

このことは錯覚する脳の仕組みに詳しく書いています。

 

 

 

もう、悲劇のヒロイン役をやるのも疲れたと思っているなら、ぜひ「全ては自分の責任」という想いに変えてください。

全ては自分の責任【悲劇のヒロインを止めると現実が変わる】関連ページ

潜在意識を最速で書き換えるセルフイメージ
セルフイメージは、自分の望む現実を引き寄せるために非常に重要なものです。潜在意識に理想の自分を刷り込み思い通りの現実を引き寄せる方法で成功を手に入れた人は例外なく高いセルフイメージを持っています。セルフイメージは自画像とも呼ばれ、自分自身への思い込みのです。このページではセルフイメージを変えるために必要な情報を綴っています。
セルフイメージは2週間で変わる
セルフイメージが僅か2週間で劇的に変わった人達がいます。それは、自らセルフイメージを変えようと努力したわけではありません。日頃の日常とは全く違う環境に置かれたとき、変わろうと努力しなくてもセルフイメージをは劇的に変わってしまいます。セルフイメージを変えるには、努力より理想の環境に身を置くことが最大の効果を引き出す方法なのです。
潜在意識は選択する方向へ必ず向う
潜在意識は望めば、その現実を引き寄せる力があります。潜在意識は意識を集中させ、さらに感情が加わることで引き寄せのパワーは最大限になります。もし、出来事に対して感情を伴ってマイナスな選択ばかりしていると、同じような出来事を何度も繰り返して引き寄せます。出来事には意味がなく、プラスに捉えるかマイナスに捉えるか選択できるのです。
自分を変えるための習慣化の方法
多くの人が自分を変える方法は、自分以外の外にあるのだと思い込み探しています。周りの環境が変われば自分も変わることができると思っていても、実は周りを変えることは出来ないんです。目の前の現実を変えるためには自分が変わる必要があることが分かっていて、変えていくことを習慣にしたいと思っていても続かない事が多いようです。この習慣化を短期間で身に着ける方法を綴っています。
恒常性維持機能を逆手にとり自分を変える方法
自分を変える方法について説明しているページです。自分を変えたいと思い決意を固めて初めても3日坊で終わってしまうことがあります。今回こそ絶対にくじけないと誓っても、気づいたら元の自分に戻ってしまっていることを経験している方も多いと思います。自分を変えられない原因は、恒常性維持機能という生体の防御反応であり、自分がダメな人間だからではないということをお伝えしています。
目標を持たない生き方
目標を持て、明確な目標を持っていなければ何も起こらないと学校や両親などから教わってきたので、目標を持つことが当たり前だと思い込んでいる人が多いと思います。今、あえて目標を持たない生き方をしている人も増えています。目標を持たない生き方について説明しています。目標を持たない生き方は、本当になりたい自分になれる生き方です。
潜在意識を浄化するありがとう感謝ワーク
潜在意識を浄化するための方法として「ありがとうと感謝」のワークがあります。潜在意識は、過去の体験を全て記憶しています。幼少期の時に経験したトラウマやマイナスな感情、置かれた環境から植えつけられた観念など全てを取り込んで記憶しています。捨て去りたい観念を持ったまま潜在意識を書き換えるワークを行っても新しい観念を受け入れません。「ありがとうと感謝」のワークは潜在意識を浄化して空っぽにする簡単で効果のある方法です。
脳の仕組みを理解して自分を変える
錯覚や思い込みをする脳の不思議な仕組について紹介しています。RAS(網様体賦活系)という神経組織の働きによって必要のない情報はフィルターにかけられ、見えない状態になります。脳はGoogleなどの検索エンジンと同じ働きを持っており、脳に質問をすることで見えなかった情報を引き出すことができるのです。
ミラーニューロンで理想の自分になる方法
ミラーニューロンという脳内にある神経細胞はモノマネの細胞、共感の細胞と呼ばれている細胞です。目で見たものを脳内の鏡に映し出し、それを実際に体験している状態と同じ細胞が働きます。理想の自分になるために、このミラーニューロンの働きは重要で、自分が思っている以上に、周りの環境から影響を受けています。
すぐに他人から好かれる人嫌われる人

ホーム RSS購読 サイトマップ
サブリミナルCD マインドセット セルフイメージ インナーチャイルド 運営者情報