マインドセットの意味を理解して変える方法

マインドセットの意味を理解して構築する方法

マインドセットは人生を創造する心の土台

 

マインドセットは人生を創造する心の土台と呼ばれていて、心構えとも言えます。

 

 

 

仕事や恋愛、人間関係、成し遂げたい事など、人生における全ては、マインドセットの持ち方によって大きく左右されています。

 

 

 

マインドセットの意味を理解するために、とても有名な話があります。

 

 

 

アフリカに靴の市場調査に行った話。

 

セールスマン

 

 

かなり昔、上司から聞いた話なのでストーリーの細かい部分まで覚えていないのですが、マインドセットの意味は理解しやすいと思います。

 

 

 

ある2人の営業マンが、上司からアフリカへ靴の市場調査へ行くように命令されました。

 

 

 

営業マンの2人は、アフリカへ到着して市場調査を始めました。

 

 

 

ところが、ほとんどの人が靴を履いていません。

 

アフリカ人

 

 

 

裸足で生活している光景に2人も愕然としました。

 

 

営業マンA

 

「誰も靴を履いていません!靴の需要がないため販売は困難です。」

 

営業マンB

 

「みんな裸足で生活しています!市場はがら空き状態でチャンスです!」

 

と上司に報告しました。

 

 

この2人の営業マンは、靴のセールスに関する同じ研修を受け、同じ条件で働いているのに市場調査の報告がまったく正反対になっています。

 

 

 

営業に対する心の持ち方、捉え方の根幹から違うため、結果が大きく違うのです。

 

 

 

これがマインドセットです。

 

 

 

思考の癖が違うため、同じ状況を見ても、まったく違った捉え方になってしまいます。

 

 

営業マンAは

  • 靴を履いてないから売れるはずがない。
  • 靴を履く習慣に変えるのは無理だ。
  • 靴を買うお金を持っていないんだろう。

 

営業マンBは

  • 靴を履いてないから入れ食いだ!
  • 靴を履く習慣がないのなら、靴の便利さを伝えよう。
  • 靴の良さが伝われば口コミで絶対売れる!

 

と考えたのかもしれません。

 

 

 

営業マンBは、どんな状況でもチャンスに捉えて行動し続ける営業マンです。

 

 

 

行動することで、チャンスが生まれ営業成績も上がっていくでしょう。

 

 

 

売れない営業マンは、売れない原因を正当化することに思考を使ってしまいます。

 

 

 

行動する前に、諦めてしまう癖が身についていると行動しなくなります。

 

 

 

どんな状況もマイナスに捉える癖がついていると、完璧な条件が揃わなければ行動しなくなります。

 

 

 

それでも成績を上げたいために、テクニックや売れる魔法のセールストークを追い求めます。

 

 

 

セールステクニックを磨いても、マインドセットが構築できていなければ、ノウハウを探し続ける羽目になってしまいます。

 

 

 

乱暴な言い方をすれば、テクニックやノウハウがまったくなくても、マインドセットがしっかりしていれば売れるのです。

 

 

 

テクニックも必要ですが、その前にマインドセット、考える癖、思考の癖を変えることが重要です。

 

 

 

このマインドセットを意識的に変えようと努力しても、変えるには時間がかかります。

 

 

 

考える癖、思考の癖を無意識に変えていく有効な方法があります。

 

 

 

それが、サブリミナルという方法なのです。

 

 

 

続きはこちら

メンタルブロックを外す、セルフイメージアップ、マインドセット構築、インナーチャイルドを癒す、自己暗示にも効果抜群→ 【潜在意識を書き換える音響】
すぐに他人から好かれる人嫌われる人

ホーム RSS購読 サイトマップ
サブリミナルCD マインドセット セルフイメージ インナーチャイルド 運営者情報